Fine Home






 
 
■ 高気密・高断熱

これまでの断熱性の悪い家では、家全体を暖めることができないので、家の中では、「暖房室」と「非暖房室」ができてしまい、暖かい空気が隣の部屋に流れ込み、冷たくなった北側の押入やトイレで結露を起こします。

温度差の激しい部屋を行き来するのは人の体に大きなストレスを与え、老人などの脳卒中の原因の一つにもなっています。高断熱の意味は、例えば、床暖房で家全体を暖め、結露の無い快適な住環境を実現するものと言えます。

今までは寒いところを暖めるという考えでしたが、これからは1年中23℃ぐらいの温度を維持していくために、冬は床暖房を朝夕1時間運転して暖め、夏はエアコン(通常の1/4の能力)を利用して室温を一定に保つような生活をしていきます。

あくまでも、家全体の温度差を作らないというのが大前提です。

夏の冷房時
冬の暖房時