■ 計画換気


 アトピー性皮膚炎、化学物質過敏症、子供の視力低下、花粉症などの様々な健康障害は、“室内空気汚染”が原因と言われています。

このような中で、多くの住宅メーカーは、ホルムアルデヒド以外にも住宅由来の化学物質が、アトピー性皮膚炎を引き起こしているという報告もあります。これらを含む材料は、目に見える仕上材だけでなく、床下から壁内、天井裏まで、様々な場所で使用されています。

さらに室内空気汚染の原因としては細菌やダニ、カビなどの存在があります。これらへの対策として、空気環境が重要な要素で、風通しの良い環境を作り、調湿性を有する建材を使うことが大切です。
“健康な住宅”を確保するためには建築材料のきめ細かなチェックが必要とされています。

 高断熱高気密住宅は、「魔法瓶のような」危険な住宅だから「計画換気」をしなければならない、と誤解をしている人が少なくありません。
しかし、それは全く逆で、高断熱高気密になったので、計画的に換気をすることができるようになったのです。
「計画的な換気」とは、何かと言えば、「新鮮な空気を居室から取り入れて、汚染空気の発生場所から排気する」ということです。

Fine Home

一般的には第三種換気をおすすめしています。

これが24時間換気扇本体ですがとてもコンパクトで電気代も1ヶ月¥300ぐらいでとても経済的。

吸気口

排気口

機械的に排気することによって吸気口から自然に新鮮空気が入ってきます。